Home > 活動報告 > 声明・談話 > 「自由党」発足にあたって

「自由党」発足にあたって

20161012-1

 私は、1998年に自由党を結成しました。
 当時の自由党は、自律した個人が多様な選択肢と公正なルールのもとで、自らの生き方を創造的かつ自由に追及できる創造的自由主義を基調とし、互いの尊厳を大切にして、自らの能力や個性を発揮できる国や社会の実現を目指し活動しておりました。
 具体的には、日本一新11法案を国会に提出するなど、非常に筋道の通った活動・行動をすることができました。
 結果として、国民の皆さんのから、多い時には600万票を超える支持を頂くことができたのも、その表れだと思います。

 今日、野党の政党の中で、いわゆる保守の人たちの支援を得られるような政党名がなかなか見当たりません。
 自民党以外の保守の皆さんの投票先がないのです。この票を取らなければ政権は取れません。
 その意味において、さらにウィングを広げ、保守層にも届くよう「自由党」という党名に決定しました。

 今後も「生活が第一。」の政治を実現すべく、全力で取り組んでまいりますので、引き続きご支援の程よろしくお願いいたします。

  自由党代表 小沢 一郎