Home > 活動報告 > 国会活動 > 「砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律等の一部を改正する法律案」を衆議院に提出

「砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律等の一部を改正する法律案」を衆議院に提出

20170328  

自由党、民進党、日本共産党、社民党、無所属の代表者は3月28日、「砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律等の一部を改正する法律案」を衆議院に提出、自由党は玉城デニー幹事長が共同提出を行った。

この法案は輸入する加糖調製品から砂糖同様に調整金を徴収するもので、TPP発効後とする政府案とは異なり、可及的速やかに施行するというものである。