Home > 活動報告 > 国会活動 > 大島衆議院議長に抗議の申し入れ 野党6党派

大島衆議院議長に抗議の申し入れ 野党6党派

20180718  
7月18日、自由、立憲、国民、共産、無会、社民の国会対策委員長が大島理森衆議院議長に対し申し入れを行った。

申し入れの内容は、古屋圭司議院運営委員長を指名した議長の責任と、この状況で本会議を開会することへの抗議。古屋議運委員長は一部メディアで、パーティー券収入を過少申告した疑いがあると報じられていた。

申し入れ後記者団の取材に応じた玉城デニー国対委員長は、「古屋議運委員長の説明によると、報道と一部事実と異なり、一部肯定するようなところがあった。少なくとも古屋委員長は、まずどこが正しくてどこが間違っているのかを説明する責任があるのではないか?と議長に申し上げた」と語った。