Home > 活動報告 > 会見 > 政治を市民の手に取り戻し、希望の星になれるよう全力を尽くしていく

政治を市民の手に取り戻し、希望の星になれるよう全力を尽くしていく

小沢一郎代表・山本太郎代表共同記者会見(2015年1月27日)

【 冒頭挨拶 】

小沢一郎代表

いま司会の方からお話がありましたように、昨日、正式に会合を持ちまして、党の役員構成等について話し合いをし、決定をいたしたところでございます。
既にもう皆さまご案内の通り、「生活の党と山本太郎となかまたち」という名称で、新しい政党を作り上げることになりました。
これは何と言っても、私ども議員は国会において、いろいろな機会に発言の場を得て、そこで自分の主張をするというのが本来の役目でありますとともに、皆さまメディアのさまざまな機会にも政党として出席を、あるいはインタビューを求められることがほとんどでございます。そういう意味におきましても、両グループが一緒になって、そしてできるだけ広い形で活動をしていこうという主旨でこの政党をお互いに作ることで合意したわけであります。
党と言っても小さな政党でございますので、議席数に応じた国会の発言の機会では、なかなか多くの場面が与えられないこともあるのですけれども、山本太郎さんと一緒にやることによって、国会と、そしてそれ以上に国民の皆さんと直接的なつながりをいろいろな形で持っていければ、人数が少なくとも、我々の主張を広く国民の皆さんにお話し、また皆さんの意見を聞くこともできるのではないかと、そういうようなことも含めまして、「生活の党と山本太郎となかまたち」ということで、これから活動をしていくということになりましたので、どうか皆様のご理解とご指導をよろしくお願いいたします。

山本太郎代表

「生活の党と山本太郎となかまたち」。非常に長い名前ですけれども、文字数制限がある媒体には非常に申し訳ないのですけれども、「生活の党と山本太郎となかまたち」の共同代表をさせていただくことになりました山本太郎です。よろしくお願いいたします。
無所属でスタートした山本太郎ですけれども、この数の世界の政治の中で、国会の中で、一人でいるということで、やれることやれないことを一年半にわたって身を持って経験しました。特にこの一人でやっていくことに関しましては、事実上国会の中で干されている状況と同じなのですね。発言権がほぼない、限られているということにおきまして。確かにそれを積み重ねながらやっていけることもあるでしょうが、やはり政党という形でそこの一員となり、そして発言力を高めていくということで、山本太郎に託していただいた皆さんに、この国に生きるすべての皆さまに対して貢献していきたいという思いで、今回「生活の党と山本太郎となかまたち」という二つのグループが一つになったということになりました。
僕から長々とした話をするよりも、おそらく記者のみなさんやフリーの皆さん、いろんな方々から質問をいただいたたほうがよろしいと思いますので、マイクを一度お返ししたいと思います。

 
 

【 質疑要旨 】


辺野古基地移設問題について

Q.

辺野古基地移設に関する質問です。山本議員は現場に行かれ、機動隊にご自身が排除されていますが、陸上でも海上でも市民に対し力ずくの排除が続いています。過激派呼ばわりもされています。こうしたことは許されるのでしょうか。お二人のお考えをお聞かせ下さい。(IWJ)

山本太郎代表

A.

辺野古問題ですけれども、時を遡りますと、グアム・テニアンという話でまとまるところを、それをひっくり返されたという部分があるわけですよね。それどころじゃなく、沖縄の民意ははっきりしていると。これは必ず政府側、関係省庁と話し合いをするときに、こういうことを言われるのですね、「さまざまなご意見がありますから」と。沖縄に住まれる方々にも。
けれども、そのさまざまな意見を集約するのが、民主的な手続きである選挙であって、その選挙によって沖縄は名護の市長選挙も、そして知事選も、そして先の衆院選でも、すべての小選挙区において辺野古に基地は作らせないという民意が勝ったわけですよね。
でも結果によって政府側の方針は変更されるかというと、粛々と進めるという話になっている。これはただの暴君で、無茶苦茶なのですよ。筋が通っていない。どうしてそんな無茶苦茶ができるのかということで、ゲート前であったり、官邸であったり、いろんな方々、地元市民の方々であったりとか、全国から集まったが方々が、それに対する反対運動というものをキャンプ・シュワブ前であったり大浦湾で展開しているわけですけれども、それに対して過激派だとかという言葉というのは当たらないと思います。一体どちらが無茶苦茶なのかというのは明らかだと思うのですね。世界中が見ていることだと思います。
実際僕もゲート前に行きまして、一応国会議員という立場ですけれども、本当に「はい、はい邪魔、邪魔」という感じであしらわれてしまうですね。そんな状況なのですね。その中にはもちろん暴力排除もありました。たとえば80歳を超えた女性の方が、警察官によって押し倒されて頭を打ったのですけれども、救急車を呼べという声に対して、それを心配する現場の指揮官もいず、そして救急車も呼ばれなかった。救急車を呼んだのは市民の側で、そして救急車が入ってくる時にも、機動隊の車両によって救急車が入ってこられない状況になっていたのです。一体誰を守るために、そのような仕事をしているのかということに憤りを感じるのですけれど、ここはやっぱり政治の場でいろんな意見をもっと交わさなければならないし、もっとたくさんの人たちにこの沖縄の現状ということを知って頂かなければいけない。この辺野古問題一つとっても、今回合流したことによって、そしてメディアに出て話す機会をいただけるというのも、非常に大きなものだと思っています。

小沢一郎代表

A.

行政的には前知事が一応了承して、手続きが始められたという経過がございます。それを盾にとって、政府は強引に進めているわけですけれども、ですから今度は国会議員もそうですけれども、知事そのものが反対という立場で選ばれて知事になっておりますので、細かい行政手続きのことはわかりませんけれども、知事がきちんとした意向を示すことによって、解決するのではないかと思っておりますが、いずれにしろ、沖縄県民の皆さんの総意が反対だということは選挙で示されておりますので、これを強行しようとしても、現実としてはできないだろうと思いますけれども、きちんとした手続きをやったほうが早く収まるのだと私は思っております。


社民党との統一会派の可能性について

Q.

参議院では山本太郎さんを含めて生活は3人ということですが、社民党と統一会派を組む可能性はあるのか。また、国会開会中小沢代表は、定例会見を週に1回やっていたが今後はどちらかの代表が定例会見を行うのか。(フランス10)

山本太郎代表

A.

会派の問題に関しましては、どのような広がりをこの先見せていくのか、たとえばその先の選挙であるとかなどを、見据えた上でおそらく会派を組んでいかないと、なかなか難しい問題があると思います。現実的にはまだそこの決定はされておらず、これから話し合いをしていこうというところです。

小沢一郎代表

A.

定例会見はできるだけ太郎さんにやっていただきたいと思っています。たまには皆さんから僕も出てこいと言われればやりたいと思います。


安倍首相の中東歴訪と2億ドル支援について

Q.

今、イスラム国による人質事件が喫緊の課題だと思いますが、安倍首相の中東歴訪と2億ドル支援が原因だと言われています。ところが、民主党をはじめとする野党は、事件の解決を待たずに追及することはしないとしています。追及の手を緩めているようにも見えるのですが、お二人は今国会ではどのような姿勢で臨むのか。(日刊ゲンダイ)

小沢一郎代表

A.

人命救助ということは最優先の、当面の課題であるということは誰も疑うことのできない、当然の話なのですね。ただ、こういうことが、何によってもたらされたのかということを考えなければいけないと思います。
ですから人命救助ということとは、それはそれとして、日本国はこういった国際紛争の中で、どういう立ち位置に立ったのかということがより国民にとって将来にさまざまに起こるだろう問題を考えたときに大事なのだと思います。
イスラム国と戦争あるいは敵対状態にある国にお金や物資を支援するということを公然と宣言したわけですから、いわゆるアメリカを中心とした有志連合の立場で国際紛争にあたるということを、安倍さんはしかも現地で声明したわけであります。イスラム国がこれはまさに自分たちの敵であり、戦争の相手の一員だと認識するのは当たり前のことだろうと思います。
ですから、安倍さんが旧来から集団的自衛権の話を一生懸命やってきましたけれども、アメリカと一緒にこの国際紛争を、どんな犠牲を払おうがアメリカと一緒に、あるいはその他の有志連合と一緒にやるのだ、という決断をした上でやるのならば、私は賛成でありませんが、一つの取るべき道ではあろうとは思います。
しかし私自身は、まさにこれは集団的自衛権と全く同じことでありますので、これはあくまでも日本の国に直接関係のない国際紛争は、国連の平和活動を通じて日本はそれに協力すべきだというのが憲法の趣旨であるという我々の立場はきちんと明言しなくてはいけないと思います。

人命救助は大事だから、それは別にして、とにかく挙党一致だとか、挙国一致みたいな話をすぐ日本人はしたがるけれども、人命救助の話とはまた別の話。日本国が今後、国際紛争の中でどういう対応していくかという、今後の日本の舵取りの問題ですから、それとこれとは全く異次元の話です。今回の安倍さんは集団的自衛権云々をずっと言い続けてきましたけれども、現実の国際紛争の中で新たな一歩を、一線を超えて踏み出したというふうに私は思っています。少なくとも相手方がそう取っていることは間違いないですから。そういう意味で、今後いろんなことがもっともっと起きる可能性があるわけです紛争では。国民の皆さんは、その時にあくまでもアメリカと一緒に有志連合でもって、集団的自衛権の行使を徹底的にやるのだという道を選ぶのか、あくまでも国連を通じて平和活動でやっていくのかという、日本の将来の大きな分かれ道になりかねないので、国民の皆さんによく考えていただきたい。私たちは今申し上げた国連中心の旗を主張してまいりたいと思います。

山本太郎代表

A.

小沢代表が言われたとおりだと思うのですけれども、とにかく外交的失策、リスクマネジメントの失敗というものに対して、そんなことを言っている場合じゃないだろうと。今、心を一つにしてというような同調圧力が既に作り上げられていると思います、でもそうではなくて、これは完全なショック・ドクトリンだろうと。便乗だよね。この件を利用しながら、海外派兵、自衛隊の進出という問題、集団的自衛権という問題に足を踏み入れようとしているのはもう明らかなのですよね、

この人質事件が表面化してからの安倍政権の発言であったりとか、それだけじゃなく、イギリスとの間の2プラス2であったりとか、確実に動いているわけですから、そういう面も考えなければいけないし、上げるべき声は上げていかなければならないと思います。


政権批判を慎むべきという自粛ムードについて

Q.

人質事件をめぐって、今政権批判は慎むべきという本末転倒とした自粛ムードが共産党にまで蔓延しています。これを国会論議でどう打破していくのか。また、今、永田町には保守層まで巻き込んだ市民政党が、庶民型の政党がまったくありません。これをどうやってこれから作っていくのか。(田中龍作氏)

小沢一郎代表

A.

特定の政党の名前を挙げて論評するのは避けますけれども、今さっき言ったように、人命救助は大事だからとにかく、それでもって後は物を言わないというようなことは非常におかしいと思います。
安倍さんが大きな一線を超えた形で、集団的自衛権の事実上の実行を行ったという、踏み出したということは、それで結構だという政党は別ですけれども、それは日本の方向としてよろしくないということであれば、人質の生命云々とそれは別の異次元の問題ですから、徹底してこういう時にこそ論争すべきだと私は思います。
そういった情緒論的な話でもって、口を閉ざしてしまうというのが、政党として、政治家としては無責任、おかしいと私は思っております。
それから、一般国民のみなさんと対話をできる、あるいはいろんな意見交換のできる、そして俗に言う、いわゆる保守という意味だろうと思いますけれども、そういう政党がなかなか見当たらない、ということだと思いますが、まさに今回、山本太郎さんと私どもが連合体を組んで政党を作るということになりましたのは、そういう意味で我々の持っているものと太郎さんの持っているものと両方で相まって、今言ったように国会の場や、いろんな旧来の政治の手法だけではなくて、国民に働きかけたり、対話したりということも、太郎さんの手腕や能力を通じてやっていけるという大変大きなメリットもあるので、そういう意味で私は今後にとって、とても良い政党を形作れたと思っています。

山本太郎代表

A.

小沢代表おっしゃったとおりで、そこはどんどん玉を投げていくと。本当に、人命救出ということとは別個の話で、この安倍政権による外交の失策といいますか、まず人質の情報が流れてきたのは去年の夏、湯川さんですよね、そして秋、後藤さんですよね。その間に何をやっていたのかと。夏以前までにやっていたことは、イスラエルとの包括的パートナーシップとか、いろんな問題があるわけですよね。今まで手を伸ばしていなかったところに、どうしてわざわざ手を伸ばしたのかということも入ってくると思うのです。

それだけではなく、人質問題が表面化してきた。それだけではなく、その問題があるにもかかわらず、その問題が決着するのを待たずにわざわざ中東まで出かけていったと。イスラエルというのはその中で微妙な立場だと思うのですね。にもかかわらずイスラエル国旗のある前でテロに対する発言、これは完全に挑発ですよね。だから日本国という船の船長として相応しいのかどうかということも合わせて話していかないことには、やはり諸外国から見ても、ISILから見ても、日本は一体どっちの立場なのだと。これは日本国民の総意なのかと。この安倍という人が言っていることは日本国民の総意ということでいいのかと。この先どんどん国益が失われたり、日本国内のテロが現実化したりしていくと思います。たとえば新幹線であるとか、原発であるとか、ある意味、テロしてください、テロを防ぎようもない状況で存在しているものが多数あるわけですから、こちら側からわざわざ足を踏み入れる必要ないですよね。そこにどんどん足を踏み入れているのが現政権のやり方なので、要は、人質問題、それは凄く大切、救出しなければならないですが、現政権の失策への追及の手を緩めないということが大切だと思います。
ブログの中で、市民政党、市民とのつながりを深く持っていきたいと文章で出したことがあるのです。要は、ある意味で政局のプロフェッショナルといいますか、小沢一郎さんと一緒にやれるということは、私が現場の声をこの数年全国を歩いて拾ってきたこと。この二つを融合しながら、多くの人達に理解を広めなければ、選挙がある度に、戦後最低の投票率を更新し続けているわけですよね。これだけ政治に期待はできない、がっかりだ、どうでもいい、というところにいってしまうと、誰が得をするのか。やはり大企業とつながった大政党が、どんどん自分たちの幅を広げていくことになる。政治を今市民の手に取り戻すことに、「生活の党と山本太郎となかまたち」が希望の星になれるように精一杯いやっていきたいと思います。

 

個人名が会派名に入っていることについて

Q.

個人名が会派名に入っていることについて

山本太郎代表

A.

どうしてそんなことが問題なるのかなというのが、一つ疑問があるなと思います。そんなことよりもっと問題にすべきことがこの国には山ほどあると思います。

おそらく個人名が入ったことに、その手があったかということの裏返しじゃないかなと思うのですけども。一応ですね、この動きになるずっとずっと前から、11月18日の参議院内閣委員会で個人名がそのような形になることについて聞きました。すると、公職選挙法第86条の2におきまして「問題無い」ということだと総務省においても確認が取れています。そのことが問題になるというのは、なにかこう、おそらく勢いがつきそうかな、ということに不安に思っているのかなと。そんなことを問題にするのではなく、手をつなげるところはつないで、現安倍政権への対峙を進めて行ったほうが良いと思います。
ついでといっては何ですが、この「生活の党と山本太郎となかまたち」という名前に対して、小沢さんが「いいんじゃないか」と言って下さったということに、この方の度量の深さというか、やはり目的は何なのかがハッキリ見えた方だなと。
その前にも他の党名も提案しています。例えば「一郎太郎」はどうですかと。本当に普通から考えればありえない話ですよね。「おまえ政治をなめてんのか」と言われそうですけども、でも、「うーん」って、その件に関してもちゃんと考えてくださるのです。それでは語呂が悪いから「太郎一郎」ではどうか…でも先輩がやっぱり前でないとどうですかね…ということにもちゃんとつきあってくださって(笑)。
でも、本当にその名前が相応しいのであれば、それでも構わないではないかと。ただ、公職選挙法などを鑑みていくと、一番直近の選挙になるのは衆議院になりますよね。僕の改選は次々回の参院選になるので、現在の枠組みの中で考えたならば、やっぱり「一郎」という小沢さんの名前が入っているのはそこにはふさわしくないだろうということで、この提案でどうですかということに対して、それを「じゃあ他のメンバーにも聞いてみる」とお話をしてくださったのですよね。
だから僕はびっくりしたのですよね。こんな柔軟な人、政界にいたのだなと。党名をきっかけにしてですけれども。それ以外のも民主党から離れた理由は何なのかということを考えてみれば、消費税ですよね。25年間続いた消費税によって、これによって日本国はどうなったか、日本に生きる人々はどうなったかということをわかってらっしゃって、それには反対だと言うことを離党という形でハッキリと示した。その”義”と言いますか、この国を生きる人々に対して正義を貫いたという部分でもやはり一致できますし、それだけではなく、山本太郎が参議院の時に一番大切にしております、今も大事にしています、被曝の問題、東電事故によります被曝の問題に関して、脱被爆という事に関して被曝防護という観点の政策が入っているのは生活の党なのですよね。高線量の地域にお住まいの方の避難の権利を与えるべきだという内容があると、当然ですよね。
どうして原発のことは語れて、被曝のことは語れないのか、本当に自分の中で政治に対しての不信感を持っていたのですが、生活の党に関してはその部分に関して僕と近いものがあるのではないかなと。やはり人々の命を守るということに関して、今後山本太郎が党に入ったことで今まで委員会でも被曝の問題を取り上げてきたのですけれども、足がすくんでしまう部分もあるのではないかと思いますが、しっかりと脱被曝について突き詰めていきたいと考えています。

 

脱被曝問題について

Q.

山本議員が当選された時に後押しをした一番の塊は脱原発というより、脱被曝だったと思うのです。脱被曝がある政党や組織とつながることによって緩んでしまうのではないかという心配がありますが、小沢代表の方からもその点に関して脱被曝が突き詰められるのかどうか、お聞きしたいです。

小沢一郎代表

A.

我々は旧来の政党の中では唯一、明確に脱原発、脱被曝という考えかたを表明しておる政党であります。そういう意味において、山本さんの主張と何ら変わらないというふうに思っておりますので、その心配は無用だと思います。