誰にもバレないカードローンはある?職場・家族にバレずにお金を借りる方法

「カードローンの利用を周りの人に知られたくない…」
「誰にもナイショでお金を借りるなんて、ホントにできるの?」

カードローンの利用を検討した時、「借金をしていることをバレたくない」と誰もが考えるでしょう。

知人や職場に知られると「あの人お金に困ってるんだ…」と肩身が狭いですし、家族にバレると「ムダ遣いしたの?」と疑われて喧嘩の火種にもなりかねません。

借金がバレて得をすることがない以上、できるだけコッソリ借入れしたいですよね。

結論から言えば、カードローンで誰にもバレずにお金を借りることはできます

今回はみなさんの「ナイショで借りたい!」を全力でサポートするべく、とっておきの厳選2社をピックアップ。

もちろん職場バレ・家族バレを防げる申し込み先の選び方・コツまでしっかり解説しています。

誰にもバレずにお金を借りられるカードローン

さっそく誰にもバレずに借りられるカードローンを下記3つのポイントから厳選しました。

icon-hand-o-right 誰にもバレないカードローンを見極める3つのポイント
  1. 申し込み~借入れまで、来店なしのWEB完結申し込みが使える
  2. 契約書やカード、利用明細書など自宅への郵送物をなしにできる
  3. 審査中に職場へ電話がかかってこない

バレずに利用できるポイント・バレずに借りる条件も紹介しているので、まずはチェックしてみてください。

【職場バレなし】電話連絡なしの「SMBCモビット」

金利
(実質年率)
年3.0%~18.0%
限度額 最大800万円
年齢制限 満20歳~69歳
WEB完結 有り
審査スピード 最短30分(※)
10秒簡易審査OK!
融資スピード 最短即日融資
土日・祝日もOK(※)
職場への電話 「WEB完結申し込み」ならなし
無利息期間  なし
収入証明書  原則必要
担保・保証人 不要

※「即日融資」「30分審査」はあくまで最速です。申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットの「バレない」ポイント
  • 「WEB完結申し込み」なら職場への電話連絡なしを公言する唯一のカードローン
  • 申し込み~借入れ/返済まで、すべてネット上で済ませられる
  • 契約書や利用明細書をWEB上で発行・管理OK
  • 「スマホATM取引」を使えば、セブン銀行ATMからカードレスで借入れできる

「WEB完結申し込み」なら職場への電話連絡なしを公言していて、職場バレ対策に死角なしです。

さらに会員サービス「Myモビ」から手続きすれば、契約書や利用明細書をWEBで上で発行・管理できるので家族バレもバッチリ防げます。

また「スマホATM取引」を利用すれば、カードなしでセブン銀行ATMから24時間借入れOKなのもうれしいポイントです。l

  • 社員(正社員・契約社員・派遣社員)の方
  • アルバイト・フリーターの方
  • 学生の方
  • パート主婦の方

※安定した収入がある方ならSMBCモビットに申し込めます。

SMBCモビット「WEB完結申し込み」の利用条件

誰にも借入れがバレない「WEB完結申し込み」の利用条件は以下の通り。

icon-hand-o-right SMBCモビット「WEB完結申し込み」の利用条件
  1. 「本人確認書類」を提出する
  2. 「収入証明書」を提出する
  3. 「勤め先を証明する書類」を提出する
  4. 三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行いずれかの銀行口座を持っている

用意する書類をできるだけ減らしたい方は、収入証明書に「給与明細書」を選ぶのがおすすめです。

【SMBCモビットのWEB完結に必要な書類】

■ 本人確認書類の提出(どれか1つ)

  • 運転免許証
  • パスポート

■ 収入証明書の提出(どれか1つ)

  • 給与明細書 ※直近2ヶ月分
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 税額通知書

■ 勤め先を証明する書類の提出(2つとも必要)

  • 健康保険証(社会保険証、組合保険証)※国民健康保険証や船員保険証は不可
  • 給与明細書 ※直近1か月分

【家族バレなし】郵送物一切なしの「プロミス」

金利
(実質年率)
年4.5%~17.8%
限度額 最大500万円
年齢制限 20歳以上69歳以下
WEB完結 有り
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短1時間
土日・祝日もOK
職場への電話 原則あり
(相談は可能)
無利息期間 あり
30日の無利息期間(※)
収入証明書 50万円まで不要
(本人確認書類だけでOK)
担保・保証人 不要

※メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要です。

プロミスの「バレない」ポイント

  • 来店なしの「WEB完結」ならお金を借りる姿を誰にも見られない!
  • 三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の金融機関なら24時間振込み融資OK
  • WEB明細(電子交付サービス)の利用で、借入れ/返済時も自宅への郵送物なし
  • 「アプリローン」なら、セブン銀行ATMからカードレスで借入れできる

申し込み~借入れまですべてネット上で完了できるので、お金を借りる姿を家族や知り合いに見られることはありません。

契約書や利用明細をWEB上で確認・管理できるので、自宅への郵送物なしと家族バレ対策は鉄壁です。

さらに三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の金融機関の口座なら最短10秒で24時間いつでも借入れできるのもポイント。

また「アプリローン」を利用すれば、カード発行なしでもセブン銀行ATMから借入れできます。

  • 社員(正社員・契約社員・派遣社員)の方
  • アルバイト・フリーターの方
  • 学生の方
  • パート主婦の方

※安定した収入があれば申し込みOK。

プロミスで誰にもバレずに借りる条件

プロミスで誰にもバレずに借りるには、「WEB完結+カード発行なし・利用明細なし」が必須。

とはいえ難しい手続きは必要なく、下記3つの手順を満たすだけでOKです。

  1. 「契約手続き方法をWEB」「WEB明細を利用する」を選んで申し込み
    (PC・スマホ・アプリ)
  2. 審査後、契約手続きで「返済方法を口座振替え」「カード不要」を選択
  3. 口座振込み・アプリローンで借入れ

ただしプロミスは原則職場へ電話があるので、要望・相談がある場合は申し込み後に電話しておきましょう。

「WEB完結OKのカードローン」は誰にも内緒で借りられる

結論から言うと、「誰にもバレない」を鉄壁にするならWEB完結できる消費者金融カードローンに申し込むのがベスト。

そもそもWEB完結とは、「申し込み~借入れまでネット上で完結できるサービス」のことです。

スマホ1つですべて解決できれば、お金を借りる姿を誰かに見られずに済みますからね。

特に消費者金融カードローンは、審査の進め方や借入れ/返済方法まで「誰にもバレない」を徹底するのにうってつけ。

  • 必要書類の提出方法はWEB上にアップロードでOK
  • 職場への電話について相談・要望を聞いてくれる
  • カードなしで借入れ/返済できる
  • 契約書・利用明細など自宅への郵送物をなしにできる

「必ず職場へ電話をかける」「口座開設やカード発行・受取が必須」という銀行カードローンと比べると、”対応の柔軟さ”は一目瞭然でしょう。

とはいえ、WEB完結できるカードローンにただ申し込めば解決!というワケにはいきません。

ここからは完全にナイショで借りるために、家族・職場の2パターンで申し込み先の選び方・バレないコツを解説していきます。

職場への在籍確認の電話に注意

「職場バレが怖い…」という方にとって、1番ネックになるのが在籍確認

在籍確認の方法は、「申し込み者が働いている職場に直接電話をかける」のがほとんどです。

カードローン審査では「申告した職場で毎月給料をもらっているか」を通して、必ず返済能力を審査しなければなりません。

職場バレを防ぐには、「職場にかかってくる電話をうまく対処する」のがカギになります。

職場への電話なしにできるかを相談するのが得策

まずは申し込み後スグに、電話で「職場へ電話をしないでほしい」と相談してください。

先述したSMBCモビット以外は”ゼッタイなしにできる”とは言い切れませんが、正直に理由を相談すればできる限りサポートしてもらえます。

ただ電話なしで在籍確認をするには、「勤め先を証明する書類」「収入証明書」の提出が必須です。

■ 勤め先を証明する書類
(※会社名申し込み者の氏名が記載されているもの)

  • 社員証
  • 健康保険証
  • 給与明細
  • 源泉徴収票 など

■ 収入証明書

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書 など

実は「現在どこに勤めているのか」「これからも継続・安定した収入があるか」さえ確認できれば、わざわざ職場に電話をかけるまでもないんですね。

電話で「社員証や源泉徴収票を用意できます!」と宣言しておけば、「じゃあ書類で在籍確認しましょうか」と承諾してもらえる可能性が高いです。

もちろん申し込み先によって使える書類は違うので、「どの書類が必要か」を必ず確認しておきましょう。

電話で在籍確認できない場合は、なしになる可能性が高い
勤め先の方針・状況によって在籍確認できない場合は、書類提出で在籍確認できる可能性が高いです。

  • 個人情報保護で「会社に在籍しているか/していないか」に一切答えられない
  • 業務に関係ない私用の電話を取り次ぐことを禁止されている
  • 勤務先が工事中など、電話をしても会社の固定電話につながらない

職場へ電話がかかってきても、バレる確率は低い

相談したけど避けられそうにない…という場合も、「担当者の個人名」で電話をかけてくれるので職場バレする確率は低いです。
在籍確認の電話は1分もかからずに終了し、用件や社名はいっさい口外しません。

もちろん電話には必ずしも本人が対応する必要はなく、

  • 本日はお休みをいただいております
  • 夕方まで外出しております

と「会社に在籍していること」がわかる返答を職場の人からもらえればOKです。

また、大まかな時間帯なら電話をかけるタイミングを指定できることがほとんど。

特に大手消費者金融カードローンは朝9時頃~夜21時頃まで審査しているので、幅広い時間帯に対応してくれます。

  • 平日の午前中までに電話してほしい
  • 夜20時以降の、できるだけ遅い時間に連絡してほしい など

さらに土日・祝日の申し込みで会社がお休みの場合は、「週明けに電話してほしい」と曜日をずらしてもらうのもOKです。

他にも「女性から電話してほしい」など細かい要望にも対応してくれるので、心配・不安なことはあらかじめ電話で相談しておきましょう。

ベストな言い訳は「クレジットカードの在籍確認」

万が一職場の人に電話の内容を聞かれたら、「クレジットカードの在籍確認だった」と言い訳するのがベスト。

クレジットカードの契約時にも在籍確認があるのを利用して、電話元をすり替えるだけなのでカンタンです。
クレジットカードに申し込んだからといって、「お金に困っているのかな…」と詮索されることはありません。

家族にばれないキャッシングには「自宅への郵送物」対策が必要

カードローンの利用が家族にバレてしまう理由No.1は、自宅へ届く郵送物

  • 契約時;ローンカードや契約書
  • 借入れ・返済時:利用明細

特に借入れ/返済の度に利用明細が送られてくる…という状況だと、言い訳するのも苦しくなってきますよね。

もちろん封筒をパッと見ただけでは「差出人がカードローン会社」だとはわかりませんが、間違って封を開けられてしまったら1発でアウトです。

  • SMBCモビット→MCセンター
  • プロミス→事務センター
  • アコム→ACサービスセンター
  • アイフル→AIカードローンセンター
  • レイクALSA→新生銀行

たとえ開封されなかったとしても、怪しまれて差出人名をネットで調べられてしまったらひとたまりもありません。

カンペキに家族バレを防ぐには、「はじめから郵送物が送られてこないように対策しておく」のが重要です。

「カード無しOK」のカードローンに申し込むとバレにくい

WEB完結できるカードローンの中でも、カードレスで利用できる申し込み先を選びましょう。

カード発行なしはもちろん、契約書もWEB上で確認するだけでOK。
手元に証拠が残らないので、「郵送されてきたカード・契約書でバレる」を完全回避できます。

またスマホが1台あれば借入れ/返済OKで、手軽に管理できるのもポイントです。

icon-hand-o-right 「WEB完結+カードレス」の借入れ/返済方法2つ
  1. 口座振込み/口座振替え
    (登録した振込み先口座で振込み融資/返済日に自動引落し)
  2. スマホATMで借入れ/返済
    (専用のアプリを使ってセブン銀行ATMから借入れ/返済)

ただし「カードを使わずに借入れ/返済できても、必ずカードが発行・郵送される」というカードローンもあるので、申し込み前に確認しておきましょう。

ちなみに冒頭で紹介したSMBCモビット・プロミスなら、完全にカード発行なしで利用OKです。

「登録した振込先口座」によっては深夜や土日・祝日も振込み融資OK

「WEB完結+口座振込み」の場合、振込み先口座によっては深夜や土日・祝日もスグに借入れできます。

もちろん申し込み先によって「WEB完結で使える口座・振込み対応時間」は異なるので、必ずチェックしておきましょう。

また即日融資を希望する場合は、タイムリミットまでに契約完了が必須なので注意してください。

口座振込み/口座振替えは通帳の履歴にも注意!

ただし「口座振込みで借りて、口座振替えで返済している」という方は、通帳にも注意。

記帳すると「振込み名義(借入れ元)・振込み先名義(返済先)」に利用中のカードローン会社の名前が記載されます。

ウッカリ通帳を見られてしまうと借金がバレてしまうので、自分だけが管理する口座を登録するようにしましょう。

中には会社名が記載されないカードローンもありますが、ネットで調べるとスグにわかってしまうので要注意です。

「WEB明細」で取引き履歴はすべてネット上で参照する

契約後~利用中の郵送物を防止するには、「WEB明細」の利用がベスト。

「利用明細から同居人に借金がバレた…」を防ぐには、利用明細の受取り方を工夫が必須です。

特に家族バレの原因で多いのは、「提携ATM利用時に発行された利用明細書が、後から自宅へ郵送されてしまう」パターン。

残念ながら、法律によって”カードローンの利用明細の発行を完全になし”にはできません。

しかしWEB明細ならネット上で取引き履歴を確認できるので、利用明細が書面で発行・郵送されるのを回避できるというワケです。

大手消費者金融カードローンであれば、会員ページから手続きするだけでカンタンに利用できます。

  • SMBCモビット:「Myモビ」の電子領収書サービス
  • プロミス:Web明細
  • アコム:明細書等の受取サービス(電磁交付)
  • アイフル:会員ページで取引き履歴確認(※)
  • レイクALSA:Web明細サービス

※振込み融資を受けた場合、利用明細の郵送を拒否できません。

返済遅れ・延滞をするとバレる

いくら借入れがバレない工夫をしても、返済遅れ・延滞をしてしまうと自宅に郵送物が届くのを避けられません。

消費者金融カードローンでは返済遅れから3日~1週間程度で、督促状・催告状という「借金の返済を催促する手紙」が届きます。

返済しない限り届き続ける郵送物を、家族や同居人に隠し続けるのも限度があるでしょう。

すべての催促を無視したところで、最終的に勤務先へ給料の差し押さえ命令がきてしまいます。

そうなると会社にもバレバレ・職場の人からの信用もガタ落ちで、これまでナイショで利用してきた苦労が水の泡です。

誰にもバレずに借入れ/完済を目指すには

  • 返済日を給料日の翌日~1週間以内に設定する
  • 返済日を通知するメールサービスなどを利用する
  • 毎月の返済方法を自動で引落しされる口座振替えにしておく

など、あらかじめ返済忘れ防止を心がけるようにしましょう。

返済できない時は「カードローン会社へ電話」が最優先!

「今月は払えないかも…」とわかったら、スグにカードローン会社へ電話するのが最優先です。

「支払えない理由」「いつ支払えるか」をしっかり伝えれば、郵送物が自宅へ届くのを止められます。

万が一返済に遅れたら、カードローン会社からかかってくる電話に必ず対応してください。

1度電話に出て返済日を再設定すれば、それ以降電話やハガキが来ることはありません。

もちろんキツイ口調で怒られたりはしないので、正直に事情を説明して返済計画の立て直しに専念しましょう。

誰にもバレない借入れを達成するには、WEB完結できる消費者金融カードローンへ申し込むのがベスト。

申し込み~借入れまでスマホ1つで完結させて、”お金を借りる姿を誰にも見られない”ことが重要です。

さらに職場バレ・家族バレを鉄壁にしたいなら、下記のコツをしっかり抑えておきましょう。

職場バレ・家族バレを防ぐコツをおさらい!

職場バレを防ぐコツ

  • 申し込み後スグに「職場へ電話をしないでほしい」と相談する
  • 「勤め先を証明する書類」「収入証明書」を手元に用意しておく
  • 「都合のいい時間帯を指定する」など、在籍確認に対応する環境を整える

家族バレを防ぐコツ

  • カード発行なしで借入れ/返済できるカードローンを利用する
  • 契約書・利用明細をWEB上で確認できるようにする

またカードローンの利用をナイショにしたところで、返済遅れ・延滞をしてしまうと周りの人に必ず借金がバレてしまいます。

返済催促で借入れがバレないように「メールサービスを設定する」「毎月の返済を口座振替えにする」など、日頃から返済忘れ防止を心がけましょう。

上記を踏まえて、ぜひあなたの「ナイショで借りたい」をしっかりサポートしてくれるカードローンを探してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です